スポンサーサイト

Posted by ken4in on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女剣客商売其の五」について

Posted by ken4in on 18.2010 女剣客商売 0 comments 0 trackback


偶像たんにやられてしまった三冬ですが、雑魚を軽視していた油断がやはり致命傷になりました。一つ一つ確実にクリアしていかないと行けないですね。

さて、ソウル体になった三冬が黒ファントムとして侵入します。このソウルレベルで侵入は難しいかなと思ったのですが、幸いにも侵入することが出来ました。確かに、低SLで侵入すると初心者狩りに見えるかも知れませんね。ホストの方にはちょっと申し訳ないかなと思ったのですが、私が勝つという保証もないですし、デモンズソウルの醍醐味はやはり黒に侵入されたときの恐怖感というか緊張感というのも一つの大きな要素ですから、ここは心を鬼にして黒ファントムに徹しました。また、技量キャラなので、おそらくSLの上昇に武器の強化がついて行かないと思います。殺られるのは次は我が身である可能性が高いです。

今回時代劇のBGMを二つ挿入しました。黒ファントムの時に流していたのは、「必殺仕掛人」のBGMです。このBGMは有名で、後々藤田まことさんの主演で広く知られることになった「必殺仕事人」でも使われることになります。最近の若い方でも聴いたことがある方が多いのではないでしょうか。子供の頃は、この「必殺」シリーズは怖くて結構トラウマになりました。腰骨を外して二つ折りにしたり、床下から刺したり、たまたまを潰されたり、いろいろな殺しの方法があって、今考えると荒唐無稽の漫画なんですが、当時は夢に見たりしました。

二つ目のBGMはこれも古いんですが、小川真由美さんが主役した「浮世絵 女ねずみ小僧」の主題歌で、ヒデとロザンナさんが歌った「真夜中の子守唄」です。これも子供の時によく観たのですが、小川さんの色っぽさに子供心にもドキドキした覚えがあります。彼女は色っぽいだけでなく、絶妙なユーモアのセンスがあって、観ててとても楽しかったです。田中邦衛さんとのやりとりは漫才みたいでしたね。
スポンサーサイト

「女剣客商売其の四」について

Posted by ken4in on 17.2010 女剣客商売 0 comments 0 trackback


ラトリア1の攻略です。後でこの動画観てみたら、ちょっと実況の声が小さいかなと思いました。次回からもっとちゃんと聞こえるようにしたいと思います。あと、滑舌も悪いので、これはプレゼンの練習だと思って、今後はプレイ時にもなるべくはきはきと観てくださる方々のことを考えながらしゃべっていきたいと思います。

左手の装備については、ブロードソードがいいのじゃないかとコメントいただきました。その発想はなかったです。ブロードソードは確か王城2以降の商人が売っていたと思いますので、攻略時に入手して試してみたいと思います。あと、隠密の短剣も確かラトリア1にあるんですよね。この攻略では取りに行くのを忘れていますが、後で取りに行って、これも試してみたいと思います。

刺突剣は確かに、日本の剣客には見えないですよね・・・。どうしても洋風テイストが出ちゃう。まぁ、この攻略は刀縛りとはいえ、左手の装備についてはいろいろ試してみるつもりです。パリィングダガーも見た目はよく見ると洋風ですが、そんなに不自然ではないような気もします。

今回使用しているBGMは片岡孝夫(現「片岡仁左衛門」)が演じた眠狂四郎のテレビドラマのものです。眠狂四郎と言えば市川雷蔵なんですが、この片岡孝夫の狂四郎もクールですごくいいんですよ。私は大好きで毎回観てました。また、このBGMもなんとも切なくていいですよね。今後この動画では、昔の時代劇のBGMをいろいろ使ってみたいと思います。何のBGMかはこのブログで説明しますね。

殺陣師に関する話が出来ないかというコメントをいただきました。時代劇は好きなんですけど、どちらかというと時代小説ファンなので、あまりテレビや映画の方には詳しくないんです。殺陣師についてもほとんど知識がありません・・・。スミマセン・・・。ただ、いくばくか知っていることもありますし、聞きかじりや間違っていることもあるかも知れませんが、時代劇や時代小説については私の分かる範囲で雑談はしていきたいと思います。

死んだときの対応については、今のところは黒ファントム侵入による復活を考えています。ただ、どうしても勝てないときは青ファントムするかも知れません。コメントでもいただきましたが、そこは適宜編集で調整したいと思います。いずれにせよ、生身の方がおもしろいと思いますので、ソウル体での攻略は極力しない方向で進めていきます。

「女剣客商売其の三」について

Posted by ken4in on 17.2010 女剣客商売 0 comments 0 trackback


ファランクスを倒したら王城エリアが真っ白になったので、三冬は生身ミラルダを討伐に行きます。二匹の飛竜もいなくなりましたので、大力の指輪もゲットしています。また、嵐1に行って打刀を取ってきました。なので、ようやくこの回から鎧装備刀縛りが始まります。

三冬の顔、キモいですか(^_^;) 私は結構気に入ってるんですけどね。こういう細面の髪が長くて目が大きい女性は好みなんです。まぁ、こればかりは人それぞれですからしょうがないですね。

コメントとしていただいたのは左手装備についてですね-。刀は基本両手持ちだと思うのですが、左手が寂しいのも確かなので、何かは持たせてもいいなぁと考えています。今のところアイディアとしていただいているのが、隠密の短剣なんですが、実際に使ってみながら決めていきたいと思います。

あと、確かに私はバックスタブが多いプレイスタイルなんですが(臆病者なんです・・・)、素手でもパリィは狙っていきたいとは思っています。ただし、今回ミラルダには一発もパリィを極めることができませんでした・・・。

「女剣客商売其の二」について

Posted by ken4in on 17.2010 女剣客商売 0 comments 0 trackback


王城1の攻略、ファランクスまでです。まだ他の場所に行けないので、騎士標準装備で攻略しています。

冒頭のコメントで私の声がカンニング竹山に似てるとのご指摘がありました。マジですか(^_^;) 今まで誰かの声に似ているとか言われたことがないので、ちょっとびっくりしました。顔がよく似ていると言われるのは阿藤海ですけどね(>_<)

装備については、秘匿者長靴が武者っぽいというコメントいただきました。確かに、腿のところが膨らんでいるのはそれっぽいですよね。ラトリアが真っ白になったら、是非取りに行きたいと思います。ただ、フリューテッドの装備は何気に甲冑に似ているので結構気に入っています。上はフリューテッド鎧、下が秘匿者長靴というのが、この段階でのアイディアでしょうかね。

あと、アフレコしているかどうかについてですが、この回についてはアフレコも混ぜています。早送りをすると元々録音した音声も早送りになって訳が分からなくなるので、そういう部分は後で声を入れるようにしています。でも、この攻略全体としてはできるだけ実況の音声を使いたいと思います。

「女剣客商売其の一」について

Posted by ken4in on 15.2010 女剣客商売 0 comments 0 trackback


女剣客商売シリーズ其の一です。初めての実況プレイなので、かなり緊張しています。

このシリーズは女剣客三冬が刀のみで攻略を進めていきます。生まれは騎士ですが、技量キャラとして育てていくつもりです。装備はまだこの段階では刀を右手に装備するということ以外は固まっていません。刀の二刀流を嫌がる方もいらっしゃるようで、左手にどういう武器を持つのか、あるいは持たないのかはおいおい決めていきたいと思います。

防具はこの回ではフリューテッドの脚しか装備していません。いかにも女剣客という装備があればいいのですが、なかなかほどよいものが女性装備ではないので、悩みどころです。ほどよくエロいというコメントもありましたので、このままで進めていこうかな^^
 HOME 

最新コメント

最新トラックバック

Ken4in's Tweet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。